スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代謝酵素とアルコール

その際、アルデヒド脱水素酵素は、代謝酵素の中で大きな役割を果たすのですが、遺伝子の関係で、中々、上手く働きません。
また、アルコールと代謝酵素の関係において、代謝関連遺伝子の検査も行われていて、その検査では、ADH2とALDH2の遺伝子の型を調査するようになっています。
2つの酵素とは、アルコール脱水素酵素と、アルデヒド脱水素酵素のことで、これらが、代謝酵素に多大な影響を与えているのです。
一般的に、東洋人は、アルコールを分解する速度が速い性質があり、そのことがまた、代謝酵素をより多く消費することに繋がっています。
そして、ALDH2遺伝子がLysの人の場合、アセトアルデヒドが上手く分解されずに体内に溜まることから、代謝酵素が上手く作用しないのです。
アルコールは、肝臓の中で、代謝酵素の働きの影響が大きく、2段階の働きで代謝されるようになっています。
酵素の遺伝子の違いで、アルコールを代謝する代謝酵素の能力が違ってくることが研究で発表されています。

代謝酵素とアルコールは関連性が深く、ADH1B遺伝子がArgの人の場合、酵素がよく作用するので、飲酒するとアセトアルデヒドが早くできるという特質があります。
簡単に言うと、遺伝子を調べることで、アルコールに対する能力が把握できるわけで、その際、代謝酵素もかかわってくるのです。
そして、それぞれの人の持つ代謝酵素の量を調べることで、その人の体質に合ったアルコールとの付き合い方を見出すことができるのです。
アセトアルデヒドという物質は、アルコールを摂取した際、顔が赤くなったりする作用と意をもたらすもので、代謝酵素と繋がっています。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。