スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代謝酵素とアスピリン

また、シップ酵素に関しては、基質特異性がそれぞれ違うので、シップのことを特に薬物代謝酵素として呼ぶことも珍しくありません。
薬物代謝というのは、薬物、毒物などの生体外物質の代謝反応のことを指していて、代謝酵素はそれのことに強く関連しています。
肝臓にある薬物代謝酵素は、薬剤を解毒化する役割を担っていますが、アスピリンの影響を受けやすい性質があります。
病気の再発予防でアスピリンを使用する際は、薬物代謝酵素との関連性をよく考慮して、効果のある薬を副作用予防のために処方することが大事です。
薬物代謝酵素とアスピリンには特別な関係があり、低用量のアスピリンが、血小板の働きを弱めることがよくあります。
そして、薬物代謝酵素がうまく働かない場合、薬剤は解毒化されないことになり、人体に多大な影響を及ぼすことになりかねません。
薬物代謝酵素により、代謝される人とそうでない人がいるので、治療にあたっては、それぞれの人の体質に合わせて、薬剤を調整する必要があります。
対象物質の親水性を高める酵素を一般的に、薬物代謝酵素と呼んでいて、これは肝細胞内のミクロソームと関連しています。
体内に薬物が残留すると、血中濃度が上がり、副作用が引き起こされることもあり、様々な症状が出てきます。
そして、生体内活性物質の分解に関しても、薬物代謝酵素は、密接な関係があり、これにより、生体に対する作用を軽減できるという特質も持っています。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。