スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘアブリーチとは

何故なら、ある程度脱色しなければ、染色しても価値がなくなってしまうからです。
特に、生まれて初めてヘアカラーリングをしようというティーンネイジャーの場合はそうみたいです。
まあね、ヘアカラーというと、白髪染めというイメージがあるのかも知れませんが、あれって面白いなぁっと思っています。
しかも、黒髪を金髪にするだけでも、相当強いヘアブリーチが必要になるのです。

ヘアブリーチというのは早い話、髪の毛の脱色剤の事で、染色剤であるヘアカラーとは、全く正反対のヘアケアアイテムという事にはなります。
どうせ染めるんだから、別に白髪になったって問題ないだろうし、第一、ちょっとやそっとのヘアブリーチで黒髪が白髪になる事はありません。

ヘアブリーチというのは、髪の毛に色を染める、即ち色を入れるのではなく、その逆に、髪の毛から色を抜く事です。
でも、それはある意味、正しい見解であって、ヘアブリーチというのは、実際には髪の毛を染めるものではないのであります。
ただし、当然髪の毛や頭皮へのダメージは否めませんから、なるべくなら、美容院などで相談しながらやるのがベターでしょう。
もし、自分でヘアブリーチをやるのであれば、ヘアケア関連のブログやサイトで、十分下調べをしてから実践される事をお勧めしたいですね。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。