スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘアブリーチによる皮膚炎

ヘアブリーチは髪に与えるダメージが大きいという事は、比較的皆さん、よくご存じなんですよね。
勿論、それが直接皮膚炎と繋がるかどうかは、ヘアブリーチを使用する人の体質や使用時の体調にもよるでしょう。
それだけ日本人の美容と健康に対する関心のバランスが良くなったという事で、そこは嬉しく思いますね。
しかし、その多くは、アレルギー性接触皮膚炎であり、簡単に避ける事が出来たはずなのです。
確かに、ジアミンのような発ガン性を持った物質は含有されてなくても、ヘアブリーチが強い酸化剤である以上、皮膚炎の要因となる物質は多数含まれています。

ヘアブリーチの中にも、強い酸化剤は含まれている訳で、十分アレルギー性皮膚炎、即ちかぶれを発症する可能性はあります。
けれど、アレルギー性皮膚炎を引き起こす確率は決して低くないと思われます。
また、体調によっても皮膚炎を起こす事があるので、出来る事なら、毎回パッチテストをしてから使った方が無難と言えるでしょうね。
にも関わらず、何故皮膚炎を発症してしまったか、それはやはり、ヘアブリーチを使用する前にパッチテストを怠ったからに他ならないでしょう。
こうしたヘアブリーチのパッチテストの方法や皮膚炎などを発症した時の対処法は、関連のブログやサイトに掲載されているので、必ず事前に学習しておきましょう。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。