スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘアブリーチによる髪のダメージ

こうした自然的要因に加え、ドライヤーやヘアアイロンからの物理的要因、それプラス、ヘアブリーチやヘアカラーなどからの科学的要因となるともう大変。
私たちの髪は、何もしなくても、紫外線や乾いた空気、あるいは空中の汚物などから日々ダメージを受けています。
自然的要因は中々完全には避けきれない訳ですから、やはりアイロン熱やヘアブリーチなどの化学物質によるダメージは少しでも軽減したいと思いませんか。

ヘアブリーチには強い酸化剤が含まれていますから、髪にダメージを与えるだけでなく、皮膚炎など、頭皮のトラブルを引き起こす可能性も低くありません。ヘアブリーチやヘアカラーを繰り返していると、髪のダメージを高める事は分かっているのにも関わらず、なんでみんな考えないのでしょうか。
勿論、根本的にヘアブリーチを否定している訳ではありませんから、そこんとこ、誤解しないで下さいね。
でも、そこは髪のダメージの進行を考え、ヘアブリーチのペースを落ち着かせる必要性が否めないのではないでしょうか。

ヘアブリーチは基本的にパーマを掛けた後すぐに使うとよろしくないとされています。
となると、むしろ1ヶ月に一回位がコンスタントなペースだと言えるのではないでしょうか。
その辺り、ヘアブリーチの正しい使用法やダメージのケア方法を今一度、関連のブログやサイトで学習していただきたいものですね。
まあね、常に眩しい茶髪や金髪をキープしたいとか、仕上がりが気に入らないから直ちに直したいという気持ちは分からなくはないですよ。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。