スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分でヘアブリーチ

そこで今日は、自分でヘアブリーチをする時のポイントを少しご紹介したいと思います。
プロ顔負けのテクニックもあるかも知れないので、自分でヘアブリーチをやられるのであれば、一度そういうのを調べてみられるといいと思いますよ。
こうする事によって、温度差による効果の出方の時間差のバランスが良くなり、斑無くヘアブリーチを塗布する事が出来るのです。
後、自分で自分のおつむにヘアブリーチを塗るのは案外難しいものですが、なるべく聞き手の反対側から塗布して行かれると、手が汚れにくい事でしょう。
なので、いきなり生え際からヘアブリーチを塗り始めるのはNG行為なのであります。
まずは根元から2センチ位離れた部分から毛先へと塗って行き、最後に生え際を塗ります。
たっぷり塗る事で、それなりの効果が得られるものだと思う事がポイントです。ヘアブリーチは自分でやる方が絶対コストパフォーマンスがいいのは分かっています。
けれど、自分でヘアブリーチをやるのであれば、決してケチってはいけません。
また、自分では余り気付いていませんが、私たちの髪の毛というのは、根元と先端ではかなりの体温差があります。

ヘアブリーチは濡れた髪に塗布するのか、それとも乾いた髪に塗布するのかが分からないとおっしゃる初心者の方がよくいらっしゃいます。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。